畳かえても女房かえるな!! でおなじみの『下条たたみ工業』

たたみの豆知識


畳の性質と効用

  1. 多目的使用
    ひとときのごろ寝や家族団らんの居間として、座卓ひとつで客間に、来客用の寝室に、書斎や子供の勉強部屋に、コタツを囲んで娯楽室に、お茶・お花等の稽古場に。

  2. 浄化作用
    畳表は人の体に良くない二酸化窒素ガスを吸収する作用があり、知らず知らずのうちに室内の空気をきれいにし、健康な環境づくりに役立っている。

  3. 保温・断熱効果
    冬、室内の暖かい気温を外へ逃がさず、夏、外気の高温の侵入を防ぐ働きをする。

  4. 吸湿放湿作用
    梅雨時などの湿気の多い季節は水分を吸収し、逆に室内が乾燥してくると蓄えた適度な水分を放出するというエアコン作用を備えている。

  5. 吸音効果
    隣の部屋・真上の部屋等がフローリングだとこちらに音が響きますが、畳だと音を吸収して響きません。また、テレビ・ステレオ等の音響製品の音も畳だとやわらげてくれます。

  6. 弾力があって安全
    お年寄りや小さいお子さんが万一転んでも弾力性のある畳だと安心です。

  7. 鎮静効果
    畳の部屋はイ草が醸し出す香りで、疲れた身体を癒し、心を鎮めてくれます。まるで森林浴をしているようなアロマテラピー効果を与えてくれます。

TOPページへ戻る このページのTOPへ戻る