畳かえても女房かえるな!! でおなじみの『下条たたみ工業』

たたみの豆知識


畳のお手入れ・汚れの処置法

  • 畳にカビが生えたとき
    消毒用アルコールを布に染みこませ、ふき取ってから掃除機で吸い取り風を通して乾燥させる。

  • 畳にダニが発生した時
    掃除機で数回吸い取り、風通しを良くする。その後、出来れば畳を上げて除湿機で乾燥し、今までの湿気の原因を取り除く処置を施す。

  • 家具の跡がついた時
    凹んだ所に適度に霧吹きして、濡れタオルを当ててアイロンをかける。
  • インクをこぼした時
    牛乳で湿らせて拭き取る。
  • 灯油・醤油をこぼした時
    こぼした上に粉末の洗剤・クレンザーをふりかけ、充分に液体を吸い取らせてから掃除機で処理し、その後固く絞った布で何度も拭く。

  • クレヨンがついた時
    クレームクレンザーをごく少量、乾いた布につけ丁寧にこする。

  • フェルトペンがついた時
    油性のものはマニキュアの除光液またはラッカーうすめ液で拭き取り、水性のものはクリームクレンザーで拭き取る。

  • 焼き焦げを作った時
    タバコの様に小さい場合は、中目のサンドペーパーで黒こげを取る。また、焼き焦げが大きい場合は同じようにサンドペーパーで取り除いた後、応急処置としてロウをたらして穴を埋め、平らにしておく。

  • 日焼けを少し遅くしたい時
    酢を少し混ぜた水で固く絞った後雑巾がけを時々して下さい。日当たりの良い箇所等には効果的です。


TOPページへ戻る このページのTOPへ戻る